【埼玉県入間郡】関越自動車道 三芳下りハイウェイショップ

江戸末期、渋沢栄一も江戸から武州エリアを歩いていたことだろう。

今では、遠方へも高速道路を使って、車でどこでも行くことができるようになった。

 

三芳パーキングは、東京方面から最初の休憩施設で、関越道の中でも交通量の多い区間に位置している。

レストランなどはないものの、サービスエリア並みの施設がある。

スターバックス、ガソリンスタンド、もちろん軽食がとれる飲食コーナー。

おみやげショップもあり、地方から来られた方が戻るときの東京みやげや、東京の方が帰省する時にちょっとした贈答品などを購入するなど、ハイセンスなおみやげがずらり。

 

車で出かけたときには、ぶらっと立ち寄り購入したくなる商品がたくさんある。

川越も近い事からさつまいも関連の商品も多い。

埼玉深谷出身で、晩年30年は東京北区飛鳥山で過ごした渋沢栄一にちなんだ「渋沢百訓饅頭」も!

 

渋沢栄一といえば、福沢諭吉に続き、新1万円の顔になる偉人。

主に明治から昭和にかけて、日本経済の礎を築いたといっても過言ではない。

鉄道や通信などのインフラを日本に敷き、日本の民が豊かになるために貢献した人物。

偉業の中から得た教訓をもとに、渋沢百訓饅頭は饅頭ひとつひとつに訓言が書かれており、その数100通りある。

 

大事な人に伝えたい言葉として、仕事のパートナーにも食べるだけでなく学びも伝えることができる。

もちろんお味も満足。

白餡にみるくとバターを練りこんだオートミールの薄皮で仕上げたオリジナルみるく餡饅頭。

北区の老舗トキハソースの協力で、生野菜と果実酵素のソースがエッセンスに!

そして桜の葉をふんだんに使ったさくらみるく餡も風味が豊か。

日本の文明開化を彷彿させる、懐かしくてやさしいテイスト。

大事な人に、自分のご褒美として2サイズがある。

渋沢百訓饅頭6個入 税込1,420円

渋沢百訓まんじゅう2個入 税込495円

 

三芳PAに立ち寄った際には是非ショップもぐるりとしてみてはいかがだろうか。

 

【所在地】

〒354-0045

埼玉県入間郡三芳町大字上富2245-1

・ショッピング24時間営業

・駐車場 大型101台/小型149台