ei aeries【ステーショナリー】ノート・扇子

【ei series・ステーショナリー】

 

出来るビジネスパーソンは、持ち物にも徹底的にこだわりをもっている人が多い。

特にステーショナリーに凝る人は、志も高い。

渋沢eiシリーズは、渋沢の教えをフル活用し、文具にもこだわっていきたい。

 

【ステーショナリー】

 

■渋沢翁一訓水平開きノート

北区にある中村印刷所の開発商品、スペシャルノート。

(日米特許取得 水平開き® 水平開きPAT.第5743362号 USPAT.US10,737,524,B2)

※「水平開き」は株式会社中村印刷所の登録商標です。

どんなに分厚いノートだって、開くと膨らむことなく綴じ部分(ノド)まで180°水平に!

方眼のノートで多少な使い方が出来る!A5ノートが見開きA4サイズとしても使用可能!

たくさん書きたくなる摩訶不思議な知る人ぞ知る「水平ノート」。

渋沢栄一翁の一訓も入り、思わず勉強したくなる!

「勉強して事を施栄利るほど、世の中に愉快なる事はない。」

 

【特徴】

●上・下の方に力を入れて引っ張るとA4二つ折の用紙が取れます。

●見開き時の形が水平なので、コピー・スキャニング・撮影がしやすくなっております。

サイズ:A5(148mm×210mm)

見開きA4(297mm×210mm)

税込価格580円(税別価格527円)

 

 

 

 

【絹地商品】

 

養蚕の始まりは西暦450年とあり、以降日本書紀に「雄略天皇が皇后に蚕を飼うようにすすめた」という記述がある。

歴代の皇后が引継ぐ形になっているのは明治4年、昭憲皇太后が吹上御苑内で復興されたのが最初で、その相談を仰せつかったのが渋沢栄一だった。

扇子面にはシルク(絹)を使用。
扇子にアクセントとして、ゴールドと黒の房を2種類同梱し、好みで付けかえる事が可能。また持ち歩きにも便利な扇子袋もついている。

江戸時代、粋でいなせな格好が流行。シンプルで高級感漂う本商品は、冠婚葬祭にも使用できるデザインで、あなたのセンスが問われる逸品。

男性・女性問わず、お土産品としても喜ばれること間違いなし!ひとつは持っていたい!

 

■順風満帆絹地扇子  ~絹地で仕上げた扇子をあなたに~

商品名は渋沢栄一のように「順風満帆」に事をなすことを期待して命名された。

 

「世人は、一も二もなく彼を順境の人と思うであろうが、

実は順境でも逆境でもなく、その人自らの力でそういう境遇を作り出したに過ぎない。」

『論語と算盤』成敗と運命

 

順調にことが運ぶ風を起こせ!

 

【材質】骨:竹 扇面:絹 

【サイズ】22cm

税込価格3,300円(税別価格3,000円)

 

 

■新しい風絹地扇子 ~絹地で仕上げた扇子をあなたに~

 

商品名は渋沢栄一のように「新しい風」を巻き起こせるように期待を込めて命名された。

 

新しき時代には新しき人物を養成して新しき事物を処理せねばならない。

『渋沢栄一訓言集』学問と教育

 

新風を巻き起こせ!

 

【材質】骨:竹 扇面:絹 

【サイズ】22cm

税込価格3,300円(税別価格3,000円)

 

通販shopはコチラ!【渋沢逸品館】